佐久間デンタルクリニック

メタルフリー治療銀歯がアレルギーの
原因になる場合があります

佐久間デンタルクリニック

ホーム > メタルフリー治療 - 金属アレルギーにお悩みの方へ

審美性・機能性・健康
すべてを叶える
メタルフリー治療
おすすめしています

困っている女性

「銀歯は目立つからイヤ」という理由で、セラミック治療を希望される方が増えています。しかし、金属を使用しないメリットは、見た目の問題だけではありません。繰り返す口内炎や湿疹の原因が、お口の中にあるかもしれないのです。
近年、歯科金属の弊害が明らかになっていて、アレルギーの原因になっている場合があります。改善されない皮膚症状やアレルギーにお困りの方に、お口の中の金属を疑ってみていただきたいと思います。

メタルフリー治療は
こんな治療方法です

メタルフリー治療とは、その名の通り金属を使用しない治療です。セラミックを使用する場合は自費治療となります。
金属を使用せず、体への悪影響を防ぐことはもちろん、審美性・精密性を兼ね備えた補綴物により、長期的なお口の健康維持につなげます。

専門機関で金属アレルギーと診断された場合は保険が適用され、レジンなどの保険適用の材料で治療します。

歯科衛生士

専門機関で金属アレルギーと診断された場合は保険が適用され、レジンなどの保険適用の材料で治療します。

歯科金属が与える4つの悪影響

詰め物をした歯

歯科金属の悪影響はお口の中に留まらず、次のような影響が挙げられます。
金属アレルギーなど、金属によって体に起こる悪影響は、金属がイオン化して体内に入り込むことによって起こります。
金属は、汗や唾液に触れるとイオン化するため、常に唾液に触れている歯科金属は、イオン化して体内に侵入しやすい状態にあると言って良いでしょう。

アレルギー反応のある手足

1手足の湿疹・かゆみ
(金属アレルギー)

アレルギー反応のある手足

歯科治療で特に使用されている「パラジウム合金」は、成分や組成がさまざまですが、金属アレルギーの原因となり、さまざまな症状を引き起こします。日本では一般的に使用されていますが、海外ではほとんど使用されておらず、使用を禁止している国もあります。

虫歯に悩む人

22次カリエスのリスクが高まる

虫歯に悩む人

金属の補綴物は劣化しやすく、セラミックに比べて精密度の高い補綴物製作が困難であることから、虫歯(二次カリエス)が発生するリスクが高いです。また、金属は汚れが付着しやすいことから、不衛生になりやすい特徴もあります。

メタルタトゥーのイラスト

3歯茎の黒ずみ(メタルタトゥー)

メタルタトゥーのイラスト

被せ物や差し歯の土台の金属は、溶け出して歯茎に沈着すると黒ずみの原因となります。歯茎の黒ずみはレーザーにより除去できますが、口元の印象を左右します。

口元を隠す女性

4審美性に劣る

口元を隠す女性

金属の補綴物は、言うまでもなく天然歯と調和しないため、目立ってしまいます。銀歯を気にして、笑う時に手で口をおさえてしまったりすると、笑顔の印象にも影響してしまいます。

当院のメタルフリー治療

カウンセリング中の女性

当院は、患者様のご希望を尊重し、ご納得いただける補綴物の作製に努めています。治療部位やご予算に応じた治療プランをご提案し、患者様と相談しながら治療について決めていきます。

また、補綴物の適合度が長期的な健康や噛み合わせにも影響することから、口腔内3DスキャナーやCAD/CAM技術を駆使し、精密性の高い補綴物製作も行っています。

当院のセラミック治療をみる
カウンセリング中の女性

アレルギーなどの症状に
お悩みの方へ

当院は、アレルギーなどの症状にお悩みの方にも安心して治療を受けていただけるよう、金属アレルギー診断を実施している医療機関へご紹介しております。パッチテストでアレルギーの原因を明確にしたうえ、金属アレルギーの専門医と連携しながら治療を進めます。
提携皮膚科の紹介も行っておりますので、お気軽にご相談ください。