佐久間デンタルクリニック

顎顔面矯正とは?

ホーム > 顎顔面矯正とは?

顎顔面矯正による
噛み合わせ
歯並びの治療

上下の噛み合わせが悪い「不正咬合」の場合、放っておくと日常生活にさまざまな悪影響を与えることから、顎顔面矯正治療が重要となります。バランスのとれた噛み合わせに改善するためには、患者さんに具体的な治療方法について知っていただくことが大切です。

顎顔面矯正治療法とは

顎顔面矯正はお早めに

顎顔面矯正(がくがんめんきょうせい)とは、単に歯並びや噛み合わせだけでなく、顎の骨や歯を支える歯槽骨、頭蓋骨をはじめ、歯肉や筋肉などの軟組織など、お顔全体を考慮して行う矯正治療のことをいいます。治療は、それぞれの不正咬合の状態に合った矯正装置を用いて行われます。

特にお子様の場合、歯が徐々に生え揃っていくため、歯並びや咬み合わせの悪さに気づきにくく、また、そのまま成長することでさまざまな障害を引き起こします。顎顔面矯正は、5歳から7歳くらいから開始するのが効果的なことから、親御さんが少しでも「おかしいかな?」と思われたら、早めに治療を受けていただくことが重要です。

顎顔面矯正治療は、一般的に発育を正常な状態に戻す1期治療と、歯列をきれいに整える2期治療の2つに分けられます。

顎顔面矯正治療の流れ

顎顔面矯正を行う際は、主に次のような流れで治療を行います。

1カウンセリング
治療スタートはカウンセリングから

日常生活で気になる点をお聞きし、お口の中を細かくチェックした後で、不正咬合やその他のお口の問題点について診断します。

2矯正検査

矯正治療に必要な情報を収集するために、次のような検査を行います。

  • 顔やお口周りの写真撮影
  • 顎の骨や頭蓋骨全体のレントゲン撮影
  • 噛み合わせの型取り
  • 顎関節や呼吸の仕方のチェック

そして、カウンセリングと矯正検査の結果を参考に、今後の治療計画を検討していきます。

3治療計画の説明
佐久間先生の治療計画説明

カウンセリングや矯正検査の結果をもとに立てた治療計画を、患者さんにお伝えします。その際は、検査で撮影した写真や歯科模型、3D画像などを使って、分かりやすくご説明します。

4治療の開始

計画にそって治療をスタートします。患者さんのお口の状態に合わせてご用意した矯正装置を装着していただきます。その後、1~3ヶ月ごとにご来院いただき、装置の調整や治療経過の確認を行います。

5治療の終了

矯正装置を一定期間装着していただき、その後、1期治療の終了と判断されたら矯正装置を外し、必要に応じて2期治療へと移行します。

ケース別の治療例

ケース別顎顔面矯正治療例

矯正装置には、狭い歯列や顎の幅を広げる「拡大装置」のほか、上顎の骨を前に引き出す「フェイスマスク」や、逆に上顎の骨の成長を抑える「ヘッドギア」など、さまざまなタイプがあります。

矯正装置を使って治療を行う顎顔面矯正は、具体的な治療経過がイメージしにくいことから、当院ではカウンセリングの際、患者さんに分かりやすいアメリカDolphin社の治療イメージの動画を使って説明しています。

A交叉咬合の治療

ここでご紹介する動画は、急速拡大装置を使った「交叉咬合(こうさこうごう)」の治療イメージです。通常は下列よりも上の歯列が外側に出ているのに対して、下の歯列が外側に出ている状態を「交叉咬合」や「すれ違い咬合」といいます。

このケースでは、まず、短期間で歯列の幅を広げるハイラックスタイプの急速拡大装置を使って、上顎の歯列の幅を下顎よりも広げます。その後、スペースが空いた前歯の部分にブラケットを取り付けて、徐々にすき間を詰めることによって交叉咬合が改善されて、きれいな歯並びになります。

B叢生+上顎前突の治療

この動画は、歯並びがガタガタの「叢生(そうせい)」という状態で、さらに、上の前歯が飛び出している「上顎前突」の治療イメージです。

このケースでは、バラエティタイプの急速拡大装置を使って、ゆっくり上顎の歯列幅を広げてから、下顎の装置にかけたバネの力で前突している上顎の骨を正常な位置に移動させます。最終的に、上下の歯にブラケットを取り付けて歯を移動させることで、前に飛び出していた前歯がきれいに収まります。

顎顔面矯正 - MENU