佐久間デンタルクリニック

インプラント-最新技術による安全な治療

佐久間デンタルクリニック

ホーム > インプラント-最新技術による安全な治療

天然歯のような噛む力がよみがえる
インプラント治療

インプラント

インプラントは、比較的に新しい歯科治療のため、まだまだ「よく分からない」「治療に不安を感じる」という方が多くいらっしゃいます。しかし、インプラントには入れ歯やブリッジのような従来の治療法にはない、審美性や機能性などの優れた特徴があることから、当院では、歯の喪失にお悩みの患者さんにインプラント治療をおすすめしています。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまった部分に、生体親和性に優れたチタン製のインプラントを埋め込むことで、インプラントが顎の骨と結合し、まるで自分の歯のような噛み心地を取り戻すことができる治療方法です。
当院では、患者さんお一人おひとりに最も適している治療を行うため、専用のソフトウェアを使って綿密な治療計画を立て、最新のシステムによる正確なインプラント治療を行っています。

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、埋入のための手術だけでなく、治療計画や術後のメンテナンスがインプラントの寿命に影響を与えることから、当院では患者さんと二人三脚で治療に取り組むために、次のような流れで治療を進めてまいります。

  • カウンセリング

    カウンセリングでは、患者さんのお口のお悩みや治療に対するご希望などについて伺います。手術や術後の状態に不安を感じる患者さんが多いことから、当院では安心して治療を受けていただくために、治療の流れや注意点について、できるだけ分かりやすく説明することを心がけています。

  • カウンセリングする佐久間院長
  • 診査・診断

    歯科用CTで撮影した患者さんの歯や顎の3D画像をもとに、インプラント治療専用のソフトウェアを使って、インプラントを埋入する位置や深さ、角度についてシミュレーションし、その結果からインプラント手術が可能かどうか診査・診断を行います。

  • 歯科用CT
  • 治療計画のご説明

    インプラント治療が可能と判断された場合、シミュレーション結果から得られた情報を分析して、インプラントを埋入するための治療計画を立てます。患者さんには、インプラント埋入後の3D画像を使って、手術の内容や進め方についての詳細をご説明します。

  • 患者様に説明する佐久間院長
  • 一次手術インプラント埋入

    一次手術では、インプラントを正確な深さや角度で埋入するためのガイドを使って、ドリルで顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込んだ後、埋入部分の歯肉を縫合してインプラントと骨が結合するのを待ちます。個人差がありますが、インプラントの定着にはおおよそ6ヶ月前後かかります。

  • 埋入されたインプラント
  • 二次手術アバットメントの装着

    インプラントが定着したことが確認されたら、歯肉を切開して埋入したインプラントの先端部分を露出させる二次手術を行います。手術では、アバットメントと呼ばれる連結器具を装着し、切開した歯肉が治るまでその上に仮歯を着けた状態で過ごしていただきます。

  • アバットメントの装着
  • 上部構造(人工歯)の装着

    歯肉の状態が落ち着くのを待って、型取りをして人工歯を作製し、その後、完成した人工歯をアバットメントに装着します。噛み合わせが悪く、無理な力がかかるとインプラントが脱落する恐れがあるため、その際は入念に噛み合わせの確認を行います。

  • インプラント上部構造の装着
  • メンテナンス

    インプラント治療の完了後は、定期的にメンテナンスを行って、インプラントの動揺や緩み、噛み合わせなどを確認します。特に、歯磨きが不十分だと、インプラント周囲炎を発症する恐れがあることから、クリーニングや歯磨きの指導が大変重要となります。

  • 歯の検査